おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

出会いは慎重に、そして別れることのない春。

3月に入りました。
 
昼間に外を歩いていて、いつのまにこんなに日差しが明るくなったんだろうと驚きました。
あちこちで草木の緑がいきいきと輝き、梅の花がこぼれるように咲いている。
歩いている人たちの表情も、心なしかやわらかい。
 
もう春なんですね。
 
春といえば、出会いと別れの季節。
 
このところ新しい出会いを避けているので、別れることもあまり無いけれど。 
これまでに得たつながりがたくさんあるから、特に不自由はないです。
新しい出会いをつくるよりは、既存の友人との関係を大切にしたい。
貴重な時間をどんな風につかうかということに、厳しくなった結果だと思います。
 
新しい出会いを避けていても、出会うときは出会う。
お互いにとって必要な存在ならば、出会ってしまう。
だから、そこまで新しい出会いを意識しなくて大丈夫。
 
簡単に出会うと、簡単に別れやすいように思います。
失うことに抵抗がないから。
 
新しく次々と関係をつくっては捨て、ずっと出会いと別れをくり返しつづけている人もいるけれど。
すでに出会っている人を大切にし、長く続く関係性をつくる努力をする方がいい。
 
今あるものを大切にできないのに、新しく手に入れたものを大切にできるのかな。
 
なんだか断捨離の話みたいになってきました。
結局、人も物も考え方は同じなのでしょうね。
 
春だからといって、浮かれずに。
出会いは慎重に、そして別れることのない春。くらいがちょうどいい。

 

そのうえで出会ってしまったら、大切にすべき人との新しい出会いを歓迎しましょう。