おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

心のよりどころとなる大切な存在を育む

刺激的な楽しさというよりは、おだやかなあたたかい気持ちになる居場所。
そこに行けば、いつも心が満たされる。
信じあえる、思いあえる、大切な存在。
遠くなったり、冷えたりしない関係。
 
ずっと探し続けている存在は、もしかしたら、気づかないだけで側にあるかもしれません。
 
もし今側にないのであれば、身近な人を大切に育むのはいかがでしょうか。
 
周りから大切にされる人は、じぶんの近くにいる人を、周りを大切にする人です。
 
先に大切にされるのか、先に大切にするのか。
大切にされるのを待つよりも、大切にする方が早いですよ。
 
求める側ではなく、与える側になること。幸せへの近道だと思います。
 
求める側はね、じぶん以外を当てにすることになる。でも、コントロールできるのは、じぶんのことだけ。だから期待しても思い通りにはならない。
 
まずは、自立する。
その上で、近くにいる人を大切にする。
相手には求めず、求められたときは、自分を損なわない範囲で与える。ここまでならと境目を決めたうえで。
 
信頼できる人だという確信をもてたら、相手は自然と心を開いてくれる。
 
すこしずつ関係をあたためて、ゆくゆくは、お互いを大切に思いあえる、対等な関係が育めたら良いですね。一方的に依存することのない、それでいて困ったときは助けあえる関係を目指したいものです。
でないと、続けられないから。