おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

完璧主義をやめる

 
「完璧主義は完璧じゃないよ。主義なだけ。」
 
そう言ってくださった方がいて。
 
目標の達成ラインを高いところに設定しすぎて、こえられずに苦しんでいる姿を見かねたのだと思います。
 
頑張っているはずなのに、ふりかえると何ひとつ出来ていない気持ちになる。
 
出来ているところには目を向けず、出来ていないところにばかり気をとられてしまう。
 
仕切り直そうと、新しく別の目標を設定し、
達成ラインを高めのところに設定する。
一発逆転をねらって。
 
頑張ってみても、ゴールが遠すぎて、中途半端なところでやめてしまう。
 
ずっとそのくり返し。
 
認められ、褒められても、じぶんではそう思えない。
だって、全然出来ていないから。
 
出来ているように見えないのに、自信を持っている人のことを、不思議に思っていた。
 
他の人とは「出来た」と思える基準が違った。
 
むかしから、じぶんには、きっと何か特別なことが出来ると感じていて。
だからこその、大きな目標、高い達成ライン。
 
たぶん、特別なことはできるはず。
今でもそう信じている。
 
でも、このままでは、ちっとも前に進まない。
 
だから、完璧主義をやめることにします
 
目標は6割達成したら合格にして良いと聞く。
他の人の6割ということは、、3割くらいかな。
 
「じぶんに厳しい」
そう言われれば、聞こえがいいけれど。
 
完璧主義は、じぶんを追い込み、まわりの人を追い詰めてしまう。
少しのミスさえも許せないから。
 
もし3割で合格だと思えたら、これまで中途半端にやめたことも、継続できていたと思う。
 
出来ていないと思って途中でやめたことが、実はそれなりに出来ていたとしたら?
 
続けていたら、もっと出来るようになっていたかもしれない。
 
まずは、目指すべき目標を分割し、自分の力量に見合った、小さい目標を複数つくること。
 
3割出来たら合格。
 

 

継続し、順番に向き合っていくなかで、積み重ねていく3割が、最終的には特別なことつながっていくはずだから。