おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

いつもと違う選択は新しい世界のはじまり

はじめて行く店で、はじめて食べる味との出会いがありました。


なんとなくの気分でふらっと入って、たまたま頼みたいものが売り切れていて。
それならと、はじめて見る名前のケーキを選びました。


それが「なんで今まで食べなかったんだろう」と思うくらい好みだったから、うれしい驚きで。


年齢を重ねて、それなりに色んなものを食べてきたつもりだったけど、まだまだ自分が知らない好きなものがあるんですね。


全く期待していなかったからかもしれないけど、予想をこえる美味しさでした。


はじめて見たのか、メニューにはあったのに選んでこなかったから記憶に残っていないだけなのか。
確実なのは、食べたことがないということ。

きっと、これまでに出会う機会はあったはずなのに。


なるべく偏らずに多様な経験をしたいと思っています。食べることも、それ以外のことでも。
だけど、意識しているわりには似たような選択をしているのだと、改めて気づきました。


いつもと違う選択は、新しい世界のはじまり。


世界は広いし深い。それなりのところで満足せずに、はじめてのことに貪欲に挑戦していきたいものです。
まだ知らない、たくさんの「好き」を素通りせず選んでいくために。

 

f:id:ryosite03:20190219234501j:plain

イタリア菓子「ズッパ・イングレーゼ(Zuppa Inglese)」

 

直訳すると「イギリスのズッパ」。ズッパとは「パンを浸したスープ」のこと。
名称の由来は諸説あるようですが、リキュールやシロップをしみこませたスポンジケーキと、カスタードクリームが交互に重ねられたお菓子です。
今回いただいたものには、表面に焼き目をつけたメレンゲがのっていました。


甘すぎず、お酒の味と香りがきいた大人のお菓子で、紅茶やコーヒーだけでなく、お酒のお供にもぴったりだと思います。
まだ食べたことがない方は、ぜひ試してみてください。