おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

それでもやる気を出すために

前回の「継続は力なり」では、続けることの大切さについて書きました。


続けることは大切だと頭で分かっていても、日々気持ちを保つのは大変ですよね。


やりたいことがある、やるべきこともある。
なのに、なんだかやる気が出ない。


そんな風に見える、くすんだ表情の人がたくさん乗っている、仕事帰りの電車のなか。


木曜日ですもんね。あと一日働いたら休みだから、もう一踏ん張りと気合いを入れ直している方も多いのではないでしょうか。


なんとかやる気が出るような、素敵な言葉をさがしてみました。

 

◆一日生きることは、一歩進むことでありたい。[湯川秀樹]


◆進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。[福沢諭吉]


◆苦しいから逃げるのではなく、逃げるから苦しくなる。[ウィリアム・ジェイムズ(心理学者)]


◆もう一歩。いかなる時も自分は思う。もう一歩。今が一番大事なときだ。もう一歩。[武者小路実篤]


◆意思あるところに道は開ける[リンカーン]


◆できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。[ピカソ]


◆人間は、その人の思考の産物にすぎない。人は思っている通りになる。[ガンジー]

 

◆20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る。[ココ・シャネル]


◆自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ。[マーク・トウェイン]