おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

むずかしい問題に立ち向かうたび、生きていることを実感する。

今日は良いお天気で、素敵な休日を過ごすことができました。
お日様の力って、元気と希望をもらえますよね。
明るいうちに活動することの意味が良くわかります。
 
さて、ここのところ違和感を感じ、気になっていることがあって。
まずは原因をさぐろうと、じぶんなりに調べてみたりしています。
たいした問題じゃなければいいんだけれど。
 
気持ちだけはいつも前向きにと思っていますが、年を重ねるごとに抱えている問題は複雑になっていきますね。
 
問題が起きる頻度は高くなるし、ひとつずつ順番にやって来てはくれない。
最悪のタイミングで複数同時に起こったりすることがある。
 
周りの友人たちと話をしていても、それぞれ、いろいろあるなと。
おそらく、口に出しているのは、全体のなかのほんの一部だと思います。
 
問題が起きると、感情が揺れ動く。
つらい、悲しい、腹がたつ。
ネガティブな感情にはきりがない。
じぶんでコントロールできることから、どうしようもないことまで。
たとえどんな感情を抱いていたとしても、それだけで頭がいっぱいになってしまわないようにしたいものです。
 
何があろうと、時間はただ流れていく。
誰にとっても、同じ平等な24時間。
どういう心持ちで過ごすかは、じぶん次第。
 
問題は消えないどころか、年々複雑さを増していく。
じぶんのことだけで悩んでいたことが懐かしくなるくらい、他の人のことで苦しむこともある。
 
その都度、精いっぱい立ち向かうしかない。
 
むずかしい問題が起こると、がぜんやる気になることがあります。
いろんな感情が湧き起こることで、生きてることを強く実感するから。