おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

面倒くさい人のあおりを受けずに凛として受け流す

最近思うことのひとつ。
その人自身の自己評価と、実際のその人への評価が、大きく食い違っていることが多いなと。


「わたしは、明るく、優しく、おおらかで、誰からも愛される」
そうありたい、そうかもしれない、そうに違いない…と、きっと気持ちが発展するのでしょうね。


なりたい自分に、もう既になれていると思ってしまう。
客観的に自分をみることをせず、強い思い込みで決めつける。


たいていの場合、まわりの評価は全く違っていて。
「あの人は、気分にムラがあり、思い込みが強く、自己中心的で、面倒くさい人だ」と。
あまり近づかずに、距離をおいておきたいと思っている。


感じよく装っていたとしても、しばらく時間が経つと漏れてくるんですよね、人の本質って。
実は、周りは気付いているんですよ。


でも本人はその大きな差に気付かず、コミュニケーションをとるなかで、相手の反応が自分が思っていたものと違ったら、機嫌が悪くなる。


「知らなかった、傷ついた、わたしは悪くない」と、うまくいかないことの理由を、自分以外のところにもっていく。


周りから人が去っていき、残るのは懐が深く優しいおおらかな人だけ。
うまく忖度してもらって調子にのる。
じぶんが尊重してもらうべき、重要な人間だと勘違いをする。
そのうちに説明が下手になる。だっていつもは察してもらえるから。
自分の話を察することができない人は、空気が読めない人、だから気分が悪くなるし、攻撃的になる。
だって空気が読めない相手の方が悪いし、しょうがないとなる。


どこに行っても、最低ひとりは、こういう要素をもつ人がいて。
相性の悪い人をターゲットにして、感じ悪くあたるんですよね。


みていて辛くなることも多いですが、フォローしようとすると、裏目に出て余計にひどい状況になってしまう。
結局、うまく調整して機嫌を良くしておくのが一番良かったりする。


自分に手出しさせないためには、何ができるでしょうか。


面倒くさい人以外の人と仲良くなって多数派になること、見守る目をたくさん用意することが、ひとつの戦略かもしれません。


どんなときでも感じよく振舞って、攻撃したら、まるでいじめているみたいに見えると思わせてみたり。


本当なら、できるだけ距離を遠くにとっておきたいですが、家族や職場の同僚だと、そうもいかないですよね。


相手がどんな人でも、あおりを受けずに凛として、受け流す力を鍛えたいです。


心頭を滅却すれば火もまた涼し…[どんな苦痛であっても、心の持ち方次第でしのげるという教え/心頭→こころ/滅却→消し去る]


…瞑想が役に立ちそうです。