おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

未来につづく加速のとき

このままやり続けることに、意味があるのだろうか。
 
始めたことの成果がなかなか出ないとき、ふと、そう思ってしまうことがあります。
 
始めたばかりで、すぐに成果なんて出るわけないのにね。ほんのりと達成感を感じたくて、つい。
 
ある程度かたちになるまでは、感情を込めすぎずに、コツコツとやり続けるしかない。
 
始めたときは、ほんの小さな理解のカケラがバラバラに散らばっているような状態で。
 
続けるなかで、カケラはどんどん増えていく。
 
あるとき、カケラ同士がつながり出す。そんな瞬間がうまれる。
 
つながりがどんどん加速して、小さなカケラから大きなカタチへ変化していく。
 
望んでいた完成図が、うっすらと見えてくる。
 
だから、まずは未来につづく加速のときが来るまで、コツコツと地道に進もう。

 

やめなければ、きっと、必ず、そのときは訪れるから。