おびログ

美しくあるために。感性をみがき、知性をきたえる。

一貫性を問う

平成から令和へ。元号が変わる瞬間に、この記事を書いています。歴史的なタイミングに合わせて、ここ最近考えていることを綴りたいと思います。自分しかり他人しかり。みなさんは、人のことを考えるときに、どこをみているでしょうか。わたしは「言葉」「表…

言い訳をするなかれ

出来ない理由から話し始める人。 先に言い訳をして、自分を正当化する。 出来ないことは当たり前で、自分がすべきではないと思っているらしい。 周りに、出来ない理由を肯定してほしい。 当然、努力をしないし、努力する必要がないと思っている。 何かアクシ…

鋭い感覚と論理的な思考と柔軟な心

鋭い感覚と 論理的な思考と 柔軟な心 についての整理

不安なときは安定しているものに寄っていく

時々、無性に不安になることはありませんか。 きっと原因はあるのだろうけど。そのときは、なぜか分からない。 漠然となんだか不安…という言葉に尽きる。 そんなときは、いつも変わらず安定しているものに寄っていくのがおすすめ。 いつも笑顔で明るい人 い…

積み重ねの結果

周りをみていて思うこと。 今起こっていることは、これまでに積み重ねてきたことの結果ですね。 生き方は、表情に。 思いやりは、人間関係に。 地道な努力は、勉強や仕事に。 きちんと表れるから。 積み重ね上手な人たちは、少しずつコツコツと、ずっと継続…

感情的になりすぎぬよう

「こんなに頑張っているのに」 と、感情的にじぶんの頑張りを訴えている人をみて。 感情に支配されていることを残念に思うときがある。 頑張っているという本人の気持ちは尊重してあげたいけど。 「頑張った」で終わって褒めてもらえるほど、子供じゃないで…

根拠のない感覚を信じていた

調子が良いときは、理解し納得できていること。 調子が悪くなると、急に心が揺らいで不安になるときがある。 調子によってぶれているうちは、どんなことであっても、まだ基礎すらきちんと築かれていない状態なのかもしれません。 そうなってくると、いま手の…